首都圏(東京 神奈川 千葉 埼玉 茨城 群馬 栃木)のマンション/一戸建てを地図で探す♪ぴかぴか(新しい)


埼玉県のおすすめ中古マンション物件はこちら♪ぴかぴか(新しい)


埼玉県のおすすめ中古一戸建て物件はこちら♪ぴかぴか(新しい)


中古物件住宅ローンの借り入れと駅近マンション

中古物件といっても最近ではほとんど新築じゃないかというような中古マンションや中古一戸建て物件も増えてきています。購入価格と住居年数からいってもいまは新築物件より中古物件の時代ではないでしょうか。そして東京23区(渋谷区、中野区ほか)、東京市部(国分寺、八王子ほか)、神奈川、横浜、川崎などの首都圏よりもちょっと郊外の中古物件が価格的にも格安でおすすめですね。ちなみに沖縄(石垣島や宮古島など)の中古物件も都会からの移住希望者が増えたことにより人気になっているようです。

中古物件や新築分譲マンションなどのモデルルームでは商談スペースで中古物件住宅ローンの借り入れなどについて相談できるようになっています。金利上昇のリスクに対処する方法として住宅ローンの借り換えもあるのでしっかり検討しましょう。ちなみに住宅ローンの借り換えとは別の住宅ローンを新しく借り入れることで現在返済中の住宅ローンを一括返済するということです。その人の年収や貯蓄などに応じた資金計画例も試算してもらえます。住宅ローンをより低金利のものに借り換えれば中古物件購入予算の削減が期待できます。

中古物件周辺の道を見るポイントです。中古物件周辺が平坦な道で歩道、車道が分離されているなら子ども連れでも歩きやすいです。また駅からマンション、一戸建て物件までの道路も自分で歩いてみましょう。これで実際の中古物件からの所要時間が分かりますから必須です。道路で歩道にガードレールがない、横断歩道が少なく、歩道橋まで距離があるような場所は事故が起こりやすく危険なのでその近辺の中古物件マンション、一戸建てはできるだけ避けるようにしましょう。

駅近マンションの優良中古物件ということで売り出されたが、数年後に隣駅が再開発され商業施設やテナントも隣駅へ移転なんて泣くに泣けない話も良く聞きます。中古物件購入前に十分検討して資産価値の高い中古物件マンションを選びたいところです。また、中古物件マンションは使い古しというイメージがありますが使い古しと言う感覚は不要です。中古物件暮らしはは人様が住まわれたスペースに越すと言うことです。人様の使い古しというとたしかにイメージが悪いですが中古物件マンションは利点がいっぱいです。

関連リンク

中古マンション物件のすすめー新築より中古物件マンションがお得ぴかぴか(新しい)

新築中古住宅物件情報・住宅ローン賢い借り方

不動産マンション購入術

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。